トップ > カーアクセサリ > ハンズフリーキット

運転中、突然の着信にハンズフリー カーキット。車載Bluetoothハンズフリーキット

最近運転中のスマートフォンの使用の厳罰化のニュースが出ています。

車の中で突然着信があって電話に出たい、、、そんなときにはどうすればいいでしょうか?
「Bluetoothハンズフリーカーキット」を使いましょう!
でも、Bluetoothハンズフリーカーキットにも色々あってどれを買えばいいかわかりませんよね?
という人の為に!今回はハンズフリーカーキットを選ぶポイントをご紹介します!!

1イヤホンタイプとスピーカータイプ

ハンズフリーカーキットにはイヤホンタイプとスピーカータイプがあります。

△ イヤホンタイプ

一般的なイヤホンタイプは皆さんがよく目にするBluetoothヘッドセットと同じです。

イヤホンタイプハンズフリーキット使用イメージ

イヤホンタイプのメリットとデメリット

イヤホンタイプのメリットと言えば「車内に通話内容が聞こえない」という点です。隣に人が乗っていても会話の内容を全て聞かれる心配はありません。
ただし、このイヤホンタイプは地域によっては罰則の対象となってしまう可能性があるので注意が必要です。
運転中は片方の耳を塞いでしまうのでその点も注意が必要です。

○ 【おすすめ】スピーカータイプ

スピーカータイプは車のサンバイザーの部分に取り付けて使うものが一般的です。

スピーカータイプハンズフリーキット使用イメージ

スピーカータイプのメリットとデメリット

スピーカータイプのメリットは「運転中に耳を塞がない」点です。周りの音が聞こえるので安心して運転することができます。その他にも車載用のスピーカーとして使ったり、簡易的な会議スピーカーのような変わった使い方もできます。
デメリットとしては「通話内容が車内全体に聞こえてしまう」点です。スピーカーになっているため、聞かれたくない会話でも聞かれてしまいます・・・。

2ノイズキャンセル機能がついているか

通話をするだけあってノイズキャンセルがついているかどうかは重要です。
ノイズキャンセル機能がついていれば、周りの騒音を低減して自分の声が相手に綺麗に聞こえます。

3使用時間

使用時間も重要です。
使用時間が短ければ、それだけ頻繁に充電をする手間ができてしまいます。

4スピーカー出力

最近ではカーキットでも音楽を聴くことができます。
スピーカーの出力が小さいと音楽にも迫力が無くなってしまいます・・・通話の時にも周りの騒音で相手の声が聞こえない・・・なんてことも・・。

「この4つのポイントを参考にしながらハンズフリーカーキットを選んでみて下さい!」

さらに便利

5自動電源off機能や復帰機能

ハンズフリーカーキットを車に取り付けたまま・・・ということも増えてきます。

× 自動電源OFF機能がないと…

→ カーキットの電源がつきっぱなしですぐにバッテリーが無くなってしまう…。

○ 自動電源OFF機能があると…

→ カーキットの電源が一定時間で切れ、無駄な消費がなくバッテリーも長持ち!

× 復帰機能がないと…

→ カーキットを使うたびに、電源のon/offをしないといけない…。

○ 復帰機能があると…

→ 振動を感知すると、スリープモードから自動的に復帰します。

※炎天下の車内にカーキットを放置するのはやめてください。

6メモリダイレクト店長おすすめカーキット

品番 400-BTCAR001 400-BTCAR002 400-BTCAR003
商品
価格

3,980円

3,980円

4,980円

Bluetoothバージョン Bluetooth4.0 Bluetooth4.1 Bluetooth4.1
連続通話時間 13時間 30時間(ヘッドセットの音声50%の時) 17時間
連続音楽再生時間 12時間 20時間(ヘッドセットの音声50%の時) 14時間
連続待ち受け時間 400時間 600時間 1000時間
マルチポイント
振動感知機能
スピーカー出力 2W 2W 3W(スピーカーの出力の違い)
音声操作 × × 〇(声で応答できる)
その他 小型 カーチャージャー付属 操作ボタンが大きい

閉じる

相手の声がはっきり聞こえる!高音質スピーカー! 3W出力、高音質Hi-Fiスピーカー。 音楽用のスピーカーを採用!従来品より音が綺麗に聞こえます。

スピーカーの出力の違い

400-BTCAR001,400-BTCAR002(従来品)は2Wのスピーカー
400-BTCAR003は3Wのスピーカー

閉じる

声で応答できるようになりました! 従来品だと応答ボタンを押さないと電話に出られませんが、400-BTCAR003ではYesと言えば電話に出られ、より安全に運転ができます

声で応答できる

400-BTCAR001,400-BTCAR002(従来品)は、
カーキットのボタンを押さないと電話に出れない。

閉じる

応答ボタンが大きくなり、押しやすくなりました!従来品だとボタンを狙って押さないといけませんが、400-BTCAR003では大きいボタンの何処かを押せばOKで運転に集中できます

操作ボタンの違い

400-BTCAR001,400-BTCAR002(従来品)に比べ
400-BTCAR003は操作ボタンが大きく、操作しやすい。

閉じる

Siri/音声入力ボタン

Googleアシスタント呼び出し

従来品はボタンの長押しなどの操作が必要ですが、
400-BTCAR003は専用のボタンを押すだけ。

閉じる

ON/OFFボタン

スライドスイッチで簡単に電源on/offできる

従来品はボタンの長押しタイプで若干面倒ですが、
400-BTCAR003は簡単に操作できます。